タグ:美術館 ( 53 ) タグの人気記事

 

欧州美術館巡り(12)

パリ11区に19世紀に建てられた鋳造所をリノベーションして、デジタルアートセンターが4月13日にオープンしました。『L’Attelier des Lumieres アトリエ,デ・リュミエール』光のアトリエって意味だそうな。
b0208756_07581292.jpeg
クリムトの絵画を映像化して、音楽と共に部屋の中全体に映し出すんです。高さ10mある壁にも、広い床にも、当然見ている人の身体にも映し出されます。45分程の映像が繰り返し流れます。いつ入ってもいつ出てもOK。流れるように動き、映し出される映像が心地良いです。
b0208756_00191629.jpeg

b0208756_07584918.jpeg

b0208756_07595158.jpeg

b0208756_00211883.jpeg

b0208756_00203300.jpeg

b0208756_00205430.jpeg

b0208756_00235652.jpeg

b0208756_00214095.jpeg
フンデルト・ワッサーの作品も。変わった建物の大阪のゴミ処理場も、そう言えばワッサーの作品だった。
b0208756_00230835.jpeg

b0208756_00233329.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-23 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(11)

ルーブル、オルセーと来たら次は近代芸術の宝庫、ポンピドゥセンターでしょ!訪れ日はちょうどロシアの作家展をやっていました。
b0208756_18373719.jpeg
シャガールに
b0208756_18384341.jpeg
カンディンスキー
b0208756_23154548.jpeg
政治的な作品が多かったような気がしました。難しい…。

前衛芸術が目白押しのこの美術館で、落ち着ける作品はこんな感じ。
モディリアーニ。目がある!
b0208756_18392049.jpeg
日本人が好きなパウル・クレーの作品
b0208756_18404792.jpeg
アップ!
b0208756_18420681.jpeg
ルオーの絵は黒い縁取りがあってステンドグラスみたいだね。
b0208756_18423456.jpeg
ポンピドゥセンターの上階から見たパリの屋根
b0208756_18441468.jpeg
エッフェル塔も見えましたよー
b0208756_18444508.jpeg
ステンドグラスを見にノートルダム寺院まで足を伸ばしました。並んでます。ここはスリに注意です!教会の中でそんなことをするなんてバチが当たるぞーと思ったら、スリ側の人は神のお恵みと思うんだそうな!!な〜る。
b0208756_23233127.jpeg
美しいです。
b0208756_23271580.jpeg

b0208756_23273599.jpeg

b0208756_23283369.jpeg
ディナーはこの旅行で一番楽しみにしていたレストランへ!16区にある《L’ARCHSTE ラルケスト》ここも日本人シェフのレストランです。開店してわずか5ヶ月でミシュランの星を獲得。最短での獲得なんだそうな。おめでとうございます。伊藤 良明シェフのお料理は素材の良さを存分に引き出した、日本人らしい美しく繊細お味です。
b0208756_18481509.jpeg

b0208756_18483890.jpeg

b0208756_18485993.jpeg

b0208756_18492004.jpeg

b0208756_18494278.jpeg

b0208756_18500796.jpeg

b0208756_18502611.jpeg

b0208756_18504240.jpeg

b0208756_18510038.jpeg

b0208756_18511894.jpeg
デザートもシェフが作ってるらしい!
b0208756_18513843.jpeg

b0208756_18515666.jpeg
ごちそうさまでした。チョコはね〜口の中で溶けるんだよー。どうして器の中では丸い形でいられるんだろう?
まだの方は是非、ためしてね
b0208756_18521431.jpeg
食べ終わった後は歩いてエッフェル塔の点滅を見に行けますよー。
b0208756_18524014.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-22 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(10)

パリでもう1つ外せない美術館は『オルセー美術館』。19世紀の美術品が盛りだくさん!印象派絵画をたくさん観ることがでいて幸せ!
b0208756_23503006.jpeg
マネに
『バルコニー』
b0208756_10213972.jpeg
モネに
『日傘をさす女』
b0208756_23524696.jpeg
ゴッホに
『オーベル・シュー・オワーズの教会』
b0208756_23551032.jpeg
ルノワール!
『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』は、まいふぇいばりっと・ぴくちゃあ なのだ!
b0208756_00034684.jpeg
印象派の各部屋には日本人アーティストの吉岡徳仁さんの作品『Water block』という、美しいさざなみのようなガラス製のベンチが置いてあります。
これに座ってムーラン・ド・ラ・ギャレットを観るという夢が叶いましたよぉ〜。
b0208756_10121083.jpeg
ノワールの『田舎のダンス』と『都会のダンス』は以前日本にも来ましたよね。
b0208756_23540192.jpeg
ゴッホの『星降る夜』はNY近代美術館ににあった『星月夜』や先日オランダで観た『夜のカフェテラス』と共に夜空3部作品だな(個人的な見解です)
b0208756_23561436.jpeg
ドレスデンのアルテ・マイスター美術館にあったジョルジョーネ『眠れるビーナス』からの〜
b0208756_00083153.jpeg
マネ『オランピア』
b0208756_00054298.jpeg
からの〜セザンヌ『新オランピア』
b0208756_00063175.jpeg
ルーブル美術館よりは小さいし、サクサク観れるかなと思ったけど、なんのなんの見所たくさんでかなりの時間が必要でした。充実感ありありです。また来ましょうね〜オルセー美術館!
b0208756_00254520.jpeg
時計の隙間からルーブル美術館が見える。
b0208756_00261453.jpeg
別の窓からはモンマルトルの丘、左には緑の屋根のオペラ・ガルニエが。
b0208756_00265435.jpeg
パリ4区に可愛いパティスリー発見!《maison Aleph》はシリア出身の女性パティシエが作るアラビア風のフレンチ菓子。
甘さも油分も控えめで、形もキュート!絶対オススメ ♪
b0208756_10525170.jpeg
麺状の生地の中には色々なフレーバーのコンフィチュールやチョコ、上には見ての通りの可愛いクリーム。一口サイズだけど、一口で食べたらもったいな〜い!
b0208756_10534514.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-21 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(9)

パリの美術館と言ったら『ルーブル美術館』は絶対に外せないよね。
b0208756_07152986.jpeg
『聖母子像』三昧
フィリピーノ・リッピ作
b0208756_07165366.jpeg
これもフィリピーノ・リッピ作。後ろの天使達はボッティチェリが描いたっぽいです。
b0208756_07172287.jpeg
ラファエロ作
b0208756_07180340.jpeg
ヤン・ファン・エイク作
b0208756_07184751.jpeg
絵の中央に怪しい二人がいる!
b0208756_07193035.jpeg
メルリンク作
b0208756_07203499.jpeg

b0208756_07210877.jpeg
ダビンチ作『モナリザ』の前はずっと凄い人だかり!
b0208756_10272946.jpeg
ガラスのピラミッド側のベランダにはカフェが出来てました。巨大な像がすぐ目の前に見えます。
b0208756_10303502.jpeg
訪れた日はフェルメールの絵がある部屋は閉鎖中。残念ながら『レースを編む女』と『天文学者』を観ることはできませんでしたが、ミュージアム・ショップにはレースを編む女のジグソーパズルが山積みになって売ってました。
b0208756_10293412.jpeg
ディナーはパリ15区にある《 Le Clos Y 》で。ここも日本人シェフのお店です。池田佳隆シェフのお料理は目にも舌にも美味しい の ♪

今が旬のグリーンピース。おフランス語ではプチポアと言うんだそうな。こっちの方が可愛い感じ〜。お豆の茹で汁がジェルになってるんだって!上に乗ってるのはルッコラの花。
b0208756_10323882.jpeg
イカです。
b0208756_10332048.jpeg
最高の白アスパラ料理。茹でるだけじゃなくて揚げたり、焼いたりピューレにしたり!!!
b0208756_10340420.jpeg
リードボー(仔牛の胸腺)です。
b0208756_10350868.jpeg

b0208756_10353188.jpeg
デザート。イチゴのショートケーキのスポンジ!きめ細やか〜 ♪ パティシエ呼んでくださ〜い!と叫びたい。
b0208756_10361145.jpeg
このお店は以前も行ったけど、やっぱり美味しい ♪♪♪まだの方は是非!!

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-20 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(6)

ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館へ。宮殿の中にある美術館です。しっかりした日本語の音声ガイドがあって感動!
b0208756_07574945.jpeg
天使のこの絵が有名だけど、これは大きな絵の一部分なのだ。
b0208756_07582506.jpeg
ラファエロの『システィーナの聖母』この絵の下方に天使が描かれているんです。
b0208756_08001710.jpeg

b0208756_07592504.jpeg
フェルメール『取り持ち女』は思ったよりかなり大きいね。赤いほっぺがカワイイ。
フェルメールのもう1点の作品『窓辺で手紙を読む女』は修復中で見ることはできませんでした。
b0208756_08011134.jpeg
勉強中、勉強中、勉強中………
b0208756_08015744.jpeg

この絵、とってもステキ!と思って写真を撮りました。
BRTHOLOMUS SRBURGH
Kopie nach Hans Holbein dj
The Madonna of The Burgomaster Of Basel
と表記があります。
なんとこれ、ホルバインの作品『ダルムシュタットの聖母』の贋作だったんです。でもとっても美しいんですよ。本物はドイツのダルムシュタットという街の美術館にあるそうです。贋作を描いた宮廷画家の名前…読めません。調べてもなかなか出てこなかったんですよねー。贋作作るような作家は人気ないんでしょうかね〜。依頼したのは悪知恵が働く画商という話だけど…。
b0208756_08030085.jpeg

b0208756_08032949.jpeg
ルーカス・クラナッハ『聖カタリーナ』
b0208756_08041259.jpeg
スカートの裾がステキ
b0208756_08045123.jpeg
ジョルジョーネ『眠れるビーナス』
このポーズは後にティッツィアーノやマネの絵に続いて行くのよね。観てね!
b0208756_08053489.jpeg
ピントゥ・ルッキオ『少年の肖像』は人気があります。
b0208756_08061928.jpeg
名画がいっぱい!充実の美術館でした。
旧東ドイツのドレスデン、素敵な街でしたね。
b0208756_08074727.jpeg

b0208756_08083037.jpeg
ベルリン空港の免税店で見た衝撃的なタバコのパッケージ!!
これから、フランス・パリに向かいます。
b0208756_08095491.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-17 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(4)

b0208756_02261945.jpeg
アムステルダムは運河と自転車の街。
b0208756_02224388.jpeg
道路を横断する時にはトラムと自動車の自転車に注意しないといけません。ボーッと歩いてると猛スピードで走って来る自転車集団に轢かれちゃうよ!
b0208756_02252655.jpeg
自転車がいっぱいのこの街には、こんな可愛いベルが売ってるんです。
b0208756_04510508.jpeg

b0208756_02170136.jpeg

b0208756_02203417.jpeg
《アムステルダム国立美術館》
b0208756_04575125.jpeg
フェルメールの作品が4点並んで展示されています!!!
『手紙を読む青衣の女』
b0208756_04561677.jpeg
『恋文』
b0208756_04590667.jpeg
『小路』
b0208756_04595663.jpeg
『牛乳を注ぐ女』
b0208756_05010042.jpeg
陶器、牛乳、パンの質感がたまりません!
b0208756_06260259.jpeg
レンブラントの『夜警』は大きな作品です。
b0208756_05024685.jpeg

b0208756_05035079.jpeg
美術館の中には図書館も入ってます。歴史を感じます。
b0208756_05082791.jpeg
これは展示物ではありません。ステンドグラスの窓です。
b0208756_06320544.jpeg

b0208756_06295206.jpeg
美術館の外ではストリートミュージシャンがカノンやビバルディの四季を演奏してました。
b0208756_06285669.jpeg
オランダでは3つの美術館を回りました。次はドイツの東方面、ドレスデンに向かいます。
b0208756_05062529.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-15 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(3)

アムステルダムからトラム(路面電車)と地下鉄とバス×2を乗り継いで1時間半。森のような大きな公園の中にある《クレーラー・ミュラー美術館》へやってきました。この美術館はゴッホの絵を沢山所蔵しているんてす。
b0208756_18445666.jpeg

b0208756_18455186.jpeg
この美術館で1番有名絵はこちら!ゴッホの『夜のカフェテラス』アルルのカフェの絵がオランダにあるんですね。
b0208756_18492751.jpeg
ゴッホが、お世話になった郵便屋の叔父さんと叔母さんの絵もあります。周りの花がオサレです。
b0208756_17103209.jpeg

b0208756_17110392.jpeg
こんな『ひまわり』も!
b0208756_00395838.jpeg
ゴッホ初期の作品。へぇ〜!
b0208756_00411340.jpeg
1番最初に描いた油絵。ほぇ〜!
b0208756_00441256.jpeg
ゴッホ以外の作品も色々あります。
b0208756_17243036.jpeg

b0208756_17253578.jpeg
デン・ハーグ出身のヨハン・トルン・プリッカーの絵は初めて見ました。
b0208756_17142218.jpeg
抑えた色合いがステキです。
b0208756_17155584.jpeg
美術館の庭もかなり広〜い。来るのが大変な所だけど、頑張ってきた甲斐がある美術館でした。
b0208756_17221024.jpeg

b0208756_17231658.jpeg


[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-14 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

欧州美術館巡り(2)

パリから高速鉄道・タリスに乗ってオランダのアムステルダムへ行き、そこからまた電車で1時間ちょっとの所のデン・ハーグにあるマウリッツ美術館へ、あの有名な絵を観にやって来ました。
b0208756_20443050.jpeg
あの有名な絵は、みんなが知ってる、これです。
b0208756_05123262.jpeg
もうお分かりだと思いますが…
b0208756_05153742.jpeg
フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』です。
b0208756_05125728.jpeg
この絵が飾ってあるNo.15の部屋には、もう2枚フェルメールの絵が描けてあるんです。
『デルフトの眺望』
b0208756_06405137.jpeg
むこうぎしにも結構、人が描かれてるのね
b0208756_06421310.jpeg
船の白い点々が効果的!
b0208756_06425184.jpeg
こちらは美術館からの眺望
b0208756_20110689.jpeg
『ディアナとニンフたち』はフェルメールの初期の作品です。
b0208756_20023260.jpeg
レンブラントの作品もいくつかありました。
若い頃の自画像
b0208756_20041473.jpeg
年期の入った自画像
b0208756_20053795.jpeg
ブリューゲル1世の次男坊・ヤン・ブリューゲルの花の絵
b0208756_20080225.jpeg
ヤン・ファン・ハイサムの薔薇の花びらがステキ!
b0208756_20093063.jpeg
小さな美術館でしたが、北方絵画の宝物がワンサカありました!ミュージアムショップにはこんなものも!
b0208756_20495996.jpeg
美味しいものもたくさんあり
アントレはアーティーチョークのスープと白アスパラ
b0208756_20520733.jpeg

b0208756_20554178.jpeg
メインはアンコウとホタテ
b0208756_20570752.jpeg

b0208756_20573930.jpeg
白ワインと共に美味しくいただきました。
オランダのデン・ハーグで『観る・食べる・飲む〜』

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-11 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

『北斎とジャポニスム展』を観に行く

b0208756_20542392.jpeg
東京・上野の国立西洋美術館で開催中の『北斎とジャポニスム』ーHOKUSAIが西洋に与えた衝撃ーに行ってきました。19世紀後半、西洋に持ち出された北斎の絵を見て影響を受けた画家たちの美術品が、元になった北斎の絵と対になって展示されています。
「似てるのは偶然じゃないの?」と思ったけど、そうじゃなかったんですね。「ウソだー」っと思ったら見に行ってみて!今月28日までなので急いでね!終了間際なので混んでますけど…。
b0208756_21504225.jpeg
今回のもしも作品はこれ!『3匹の仔犬のいる静物』
b0208756_21521360.jpeg
マティスかと思ったらゴーギャンだった!ニューヨーク近代美術館(MoMA)の所蔵作品です。

企画展のチケットで西洋美術館の常設展も観ることができます。『聖アントニウスの誘惑』ダフィット・テニールス作
b0208756_22142068.jpeg
この題材結構好きです。妙な怪物とかがたくさん出てくるのよね。是非観てね!
b0208756_22145279.jpeg

b0208756_22160199.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-01-20 23:55 | 社会科理科見学 | Comments(0)  

正倉院展

こんな綺麗なガラスの器が載った新聞広告を見たら、久しぶりに行きたくなっちゃいました。『正倉院展』
b0208756_13571709.jpeg
で、週末に行って来ました。前回観に行ったのは、なんと10年前。ご無沙汰でしたね。
b0208756_14014598.jpeg
正倉院展は毎年10月から11月にかけて2週間ほど奈良国立博物館で開催されます。今年は69回目の展覧会です。
b0208756_15111788.jpeg

b0208756_14520820.jpeg
奈良時代、聖武天皇ゆかりの品々が1200年以上大事に大事に保存されてきて、今もこうして観る事ができるなんて、ありがたいことです。
博物館を出るともう真っ暗、展示された58点を舐めるようにじっくり観させていただきました。一度出品された宝物は基本的には10年間は見られないそうです。という事は来年はまた違う宝物が見られるということ!!毎年訪ねたい展覧会です。
b0208756_14534923.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2017-11-13 23:55 | 社会科理科見学 | Comments(2)