欧州美術館巡り(10)

パリでもう1つ外せない美術館は『オルセー美術館』。19世紀の美術品が盛りだくさん!印象派絵画をたくさん観ることがでいて幸せ!
b0208756_23503006.jpeg
マネに
『バルコニー』
b0208756_10213972.jpeg
モネに
『日傘をさす女』
b0208756_23524696.jpeg
ゴッホに
『オーベル・シュー・オワーズの教会』
b0208756_23551032.jpeg
ルノワール!
『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』は、まいふぇいばりっと・ぴくちゃあ なのだ!
b0208756_00034684.jpeg
印象派の各部屋には日本人アーティストの吉岡徳仁さんの作品『Water block』という、美しいさざなみのようなガラス製のベンチが置いてあります。
これに座ってムーラン・ド・ラ・ギャレットを観るという夢が叶いましたよぉ〜。
b0208756_10121083.jpeg
ノワールの『田舎のダンス』と『都会のダンス』は以前日本にも来ましたよね。
b0208756_23540192.jpeg
ゴッホの『星降る夜』はNY近代美術館ににあった『星月夜』や先日オランダで観た『夜のカフェテラス』と共に夜空3部作品だな(個人的な見解です)
b0208756_23561436.jpeg
ドレスデンのアルテ・マイスター美術館にあったジョルジョーネ『眠れるビーナス』からの〜
b0208756_00083153.jpeg
マネ『オランピア』
b0208756_00054298.jpeg
からの〜セザンヌ『新オランピア』
b0208756_00063175.jpeg
ルーブル美術館よりは小さいし、サクサク観れるかなと思ったけど、なんのなんの見所たくさんでかなりの時間が必要でした。充実感ありありです。また来ましょうね〜オルセー美術館!
b0208756_00254520.jpeg
時計の隙間からルーブル美術館が見える。
b0208756_00261453.jpeg
別の窓からはモンマルトルの丘、左には緑の屋根のオペラ・ガルニエが。
b0208756_00265435.jpeg
パリ4区に可愛いパティスリー発見!《maison Aleph》はシリア出身の女性パティシエが作るアラビア風のフレンチ菓子。
甘さも油分も控えめで、形もキュート!絶対オススメ ♪
b0208756_10525170.jpeg
麺状の生地の中には色々なフレーバーのコンフィチュールやチョコ、上には見ての通りの可愛いクリーム。一口サイズだけど、一口で食べたらもったいな〜い!
b0208756_10534514.jpeg

[PR]

by 23rue-soramame | 2018-04-21 00:00 | 欧州旅行 | Comments(0)  

<< 欧州美術館巡り(11) 欧州美術館巡り(9) >>