タグ:本 ( 19 ) タグの人気記事

 

光を食べて生きていこう!

昨年10月から読売新聞で連載していた新聞小説、三浦しをん著『愛なき世界』が9月28日で 終わってしまいました。愛がいっぱいだったよね。松田教授の学生時代の話には泣けたよね…。
読む?
b0208756_10582022.jpg
紅葉の季節になったらT大にラッパ形のイチョウを探しに行かなくっちゃ!

[PR]

by 23rue-soramame | 2017-10-02 23:55 | 読書 | Comments(0)  

一気読み

ふー。
今回も一気読み。宮部ワールドにどっぷり浸かりました。時代小説『荒神』
b0208756_20421980.jpg
『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』に収められている『まぐる笛』を大きく膨らませたようなお話。怖くて切なくて、泣けるよ。まだ読んでない方は是非!
そしてなんとNHKでドラマ化するんですと‼︎ ど、どんな風に「お山」を作るんだろう?かっこいい「やじ」は誰が演じるんだろう?楽しみです。

[PR]

by 23rue-soramame | 2017-09-15 21:00 | 読書 | Comments(0)  

ピアノソナタで花ふきん

お暑〜ございます。まだ梅雨も明けていないのに、この暑さ…。本格的な夏がやってきたらいったいどうなるんでしょう。考えるだけで熱中症になりそうです。

最近読んだ恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールを舞台にした小説。直木賞と本屋大賞をW受賞しましたね。たくさんのピアノ曲が出てくるので、読み終わった時はまるで全ての曲を聴いた気分になります。お腹いっぱい。
b0208756_23505446.jpg
本の中に出てくるベートーベンのピアノソナタを聴きながら、冷房の効いた部屋でチクチクと針を動かし、初めて『花ふきん』なるものを作ってみました。
b0208756_23545168.jpg

秋田で昔から伝わる刺し子の布巾で、母親がお嫁に行く娘に持たせるため、一針一針縫うんですと。長く使っていると糸の色が布巾に染まるのは、嫁ぎ先の色に染まるようにとの願いが込められているんだとか。え〜話やなあ…。



[PR]

by 23rue-soramame | 2017-07-18 23:55 | 読書 | Comments(0)  

とろとろ茶碗蒸し

NHK土曜時代ドラマ『みをつくし料理貼』第2回に登場したお料理は「とろとろ茶碗蒸し」でした。
…で、今回も作ってみました。
b0208756_09580730.jpg
ドラマでのレシピではギンナンやユリ根を入れていたけれど、今は手に入らないので家にあるものをバンバン入れちゃいました。エビ・かまぼこ・椎茸・タケノコ・ソラマメ・三つ葉。ボリューム満点 ♪
b0208756_09582397.jpg
この料理も本の1巻目に出てますよ。番組HPでもレシピを紹介してます。
今日の鰹は「なめろう」に。お酒が進みますな ♪
b0208756_10323103.jpg

[PR]

by 23rue-soramame | 2017-05-28 23:55 | 食べ物 | Comments(0)  

はてなの飯

5月13日(土)PM 6:5からNHK総合で土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』が始まりました。原作は高田郁さんの人気時代小説。大阪生まれの女の子が江戸で苦難を乗り越えながら女料理人になっていくお話。美味しそうなお料理の話はもちろんのこと、その時代の江戸の話も興味深く書かれています。脚本は「ちかえもん」の藤本有紀さん(期待高まります!)配役も原作に合ってる気がします。そう、オイラは只今8巻目を読書中なのだ!

b0208756_00285592.jpg
各巻の最後に本文に出てくるお料理のレシピが書いてあるんだけれど、ドラマでも最後に主人公の澪(みお)ちゃん役の黒木華さんが江戸時代の扮装のままお料理を作って、レシピを教えてくれるんです。
・・・で作ってみました。第1回は「はてなの飯」
b0208756_00291709.jpg
ほんと、おにぎりにも合いそうなお味!最後はお茶漬けでも良いらしいよ。
さて、何が「はてな?」なのでしょう?

正解は・・・本を読んでね。1巻目に出ていますよ~。ドラマもね!!次回も楽しみ ♪


[PR]

by 23rue-soramame | 2017-05-14 23:55 | 食べ物 | Comments(0)  

読書の秋

10月12日から読売新聞朝刊で連載が始まった三浦しをんさんの新聞連載小説『愛なき世界』。

2012年に本屋大賞をとった小説『舟を編む』は辞書の編集者の話。『神去なあなあ日常』は林業に打ち込む男子の話。高校の時居眠りしながら文楽を観た男子が文楽の世界に入った話、『仏果を得ず』。今まで知らなかった職業の話を緻密に、人間模様と織り交ぜながら楽しく教えてくれるんです。今回の小説『愛なき世界』は植物学の研究者の話のようです。
b0208756_15014386.jpg
まとめて読めるように毎日せっせと切り取っております。今後の展開が楽しみです~。

[PR]

by 23rue-soramame | 2016-11-11 11:11 | 読書 | Comments(0)  

8月の和菓子(2)

錦糸町駅前にある《山田家》のぽんぽん狸の人形焼き。
江戸に伝わる「本所七不思議」のひとつに、狸が出てくる「置いてけ堀」というお話があって、それが狸型の人形焼の由来なんだそうな。
b0208756_21391897.jpg
包装紙も七不思議の話が印刷されています。作家の宮部みゆきさんは、この包装紙に描かれる物語をヒントに「本所深川ふしぎ草紙」を書き上げたんですと!な~る。
b0208756_21394512.jpg

b0208756_17133101.jpg
今年の夏も暑かったので、ちょっとは涼しくなるかしらと宮部みゆきさんのちょっと怖い物語の読書三昧。「本所深川ふしぎ草紙」じゃなくて、『三島屋変調百物語』シリーズ。この夏3巻目が出たので昔読んだのも再読して一気に3冊読み、どっぷり江戸に浸かりました。怖かったけど人情味あふれていて、い~いお話です。是非!
b0208756_23591910.jpg
角川の文庫本を買ったらカバーをくれました。夏らしく藍染風朝顔柄をチョイスです。
b0208756_00005438.jpg

[PR]

by 23rue-soramame | 2016-08-30 23:55 | 食べ物 | Comments(2)  

金魚の姫

やっとこさ『金魚姫』を読み終えました。4月に半分ほど読み、中断。なぜって、NYに行く3日位前に図書館から予約の本が来ましたよ〜と連絡あり。さすがに3日じゃ読めませんがな。
帰国後また予約をして、やっと続きがよめたのよね〜。足掛け4ヶ月です。
最近、直木賞を受賞した荻原浩さんの本です。人魚じゃなくて金魚の姫です。ちょっと怖かったり、クスっと笑えたり。
元カノがマンションに来ちゃたところが、いろんな意味で一番泣けちゃう。
b0208756_23490860.jpg
金魚を飼ったら、エビせんあげてみたくなったよ。

東京や千葉は豪雨だったとか、この辺は雷の音は聞こえたけど雨降りませんでしたね。一雨降ったら涼しくなりそうなんだけどなあ。
b0208756_23553053.jpg
明日も暑そうです。熱中症に注意!

[PR]

by 23rue-soramame | 2016-08-02 23:23 | 読書 | Comments(0)  

今月の和菓子(7月)

図書館で和菓子の本を借りました。『一日一菓』。
b0208756_00095851.jpg
365日毎日違う綺麗な和菓子が、味わいのある菓子器に盛られて紹介されてるんです。見たら食べたくなっちゃうんです。
で、さっそくあ近所のお饅頭屋さんへGO!見つけたのは『水ぼたん』。ピンク色のこしあんを葛で包んだもの。涼しいげで6・7月の定番の様ですな。抹茶飲みたーい。
b0208756_00065721.jpg

[PR]

by 23rue-soramame | 2016-07-09 23:55 | 食べ物 | Comments(0)  

ニュンガ・ロ・チャガ…

『精霊の守り人』
b0208756_22281006.jpg
NHKでドラマが始まるって言うんで、あわてて読んでみたよ〜。ひらがなが多くて大人には読みづらい。でも、ファンタジーは本を読む事の楽しさを知る入り口のあるもの。お子ちゃまも楽しめるね!
[PR]

by 23rue-soramame | 2016-03-21 22:23 | 読書 | Comments(0)