南米の旅4日目(ペルー・クスコ)

ウユニ→ラパスと飛行機を乗り継ぎ、ペルーの南部にある都市、クスコに到着。標高は3400m、マチュピチュの玄関口です。高山病はもう大丈夫かなと思ったけど、やっぱりダメですねー頭痛は治りません。ここもすり鉢状の町。高台から街を見渡せます。インカ帝国時代は首都だったクスコの街並みは世界遺産です。
b0208756_09223251.jpg
16世紀にスペイン人が金銀を略奪&神殿や宮殿を破壊し征服。剃刀の刃も通らないと言われる精巧なインカの石組みの上にスペイン風の建物を建てていったんですと。
b0208756_09260415.jpg

b0208756_09443203.jpg
太陽の神殿「エル・コリカンチャ寺院」 の上に建てられたサン・ドミンゴ教会もそう。
b0208756_17434302.jpg
隙間無く積まれたいしはインカ時代のもの。
b0208756_17452535.jpg
ぴったりと石を積むために、隠れたワザが!
b0208756_17501698.jpg

b0208756_17505773.jpg

b0208756_17512874.jpg
ハトゥン・ルミヨク通りあるインカの石垣。
b0208756_10224158.jpg
観光名所、12角の石。大きいです。
b0208756_10234307.jpg
1.2.3.4.5.....12角です。
b0208756_09270260.jpg
町の中心アルマス広場の噴水にはインカ皇帝パチャクティの像が建っています。世界遺産登録後に像が建てられたためユネスコはそれを認めず、撤去しなければ世界遺産から外すと言っているらしいです。ペルー的にはインカの皇帝の像を建てて何が悪いってとこなんでしょうね。
b0208756_09315376.jpg
ランチは『アヒデカジーナ』という、鶏肉をペルー特産の黄色い唐辛子とクリームで煮込んだ料理。一見するとカレー風、でも味はマイルド。白いご飯が嬉し〜い。
b0208756_09325425.jpg
デザートは果物の盛り合わせ。ペルーは西に海、真ん中に山、東にジャングルがあり、食材が豊富です。マンゴージュースもメチャクチャ美味しかった。
b0208756_09332736.jpg
すり鉢状の町の上方にインカの遺跡、サクサイワマン遺跡があります。スペイン人による征服で壊され今は基礎の部分だけが残っています。大小様々な大きさの石が隙間なく組まれています。大きな石は8mあるらしい。
b0208756_09362980.jpg
ジグザグの壁が360mあるそうな。
b0208756_09554906.jpg
ここで6月24日の冬至にインティ・ライミ(太陽の祭)が行われるそうな。インティライミ…そんな名前の歌手がいたね。インカの人?
b0208756_09390957.jpg
こんな子がいました。アルパカ君です。かなりロン毛です。
b0208756_09461250.jpg
羊毛の種類に軽くて手触り良くて高級な「ベビー・アルパカ」というのがあるんだけど、赤ちゃんアルパカの毛では無く、初めてカットした毛をベビー・アルパカというらしいです。80歳のアルパカさんの毛でも初カットなら「ベビー・アルパカ」と呼べるんですね。

こちら「ヨンコデイチドロ」です。
b0208756_12204524.jpg
・・・つづく・・・

[PR]

by 23rue-soramame | 2017-01-15 23:55 | 南米の旅 | Comments(0)  

<< 南米の旅5日目(ペルー・マチュ... 南米の旅3日目(ボリビア・ウユニ) >>