南米の旅3日目(ボリビア・ウユニ)

b0208756_14071431.jpg

b0208756_14080976.jpg
朝5時、昨日と同じ場所へ今度は日の出を見に行く。夕暮れとはまた違った空の色。塩原の色も違って見えます。が、昨夜も雨は降らず、天空の鏡は現れません。どこか水が溜まってるところはあるんだろうか・・・。いったんホテルに戻り朝食後、ジープに乗って本格的に塩原に繰り出します。
b0208756_14090624.jpg
塩原の北側にあるトゥヌパ火山(5432m)。この山は鉄分が多いらしく赤や黄色の土が層になっていて、なかなかきれいです。死火山とのことでしたが、少しだけ水の溜まった塩の間からは墨のような黒い水が出てきて硫黄のような臭いもします。まだ生きてるんじゃないかい?この火山。フラミンゴがいました。
b0208756_14274914.jpg

b0208756_14095595.jpg
ちょっとだけ鏡っぽい!
b0208756_14104730.jpg
塩原の淵は何となく茶色っぽい塩だったけれど、車で1時間も走ると真っ白。雪原のようです。雲の上にいるような気分にもなります。メッチャ眩しいです。
b0208756_14112672.jpg
塩原の中にはいくつか小さい島があって、いちばん有名なのがサボテンが自生するインカワシ島(魚島)。魚の形に似ているらしい。ちょっと小高い丘という感じの島ですが息が切れて登れず挫折・・・。酸素が少ないってこういうことなのね。
b0208756_14121943.jpg

b0208756_14124636.jpg

b0208756_15372931.jpg
塩原ではピクニックランチ。ボリビアの食事はこんなメニューが多いです。
b0208756_14131952.jpg
この動物は野生のビクーニャ。ラクダの仲間です。塩原の淵の草原にいました。家畜化は許されていないらしく、捕獲したり殺したりしたら罰せられるくらい貴重な動物なんだとか。動物の中で最も細い体毛で100分の1ミリの細さ、アルパカのように毛織物として衣料品などに加工されますが、超〜高級品。さわると指がとろけちゃう柔らかさとか!(とろけたら指がなくなっちゃうじゃん!)マフラーが15万、コートが200万、毛布が300万円とか~!南米のお土産にいかがですか?と言われてもねぇ・・・。製品には全て通し番号が付けられて品質保証されているとのことですぞ。
b0208756_14140203.jpg
結局、今回のウユニ塩原では『天空の鏡』を見ることはできませんでした(涙)。雨期なのにずっと晴天が続いているらしい。雨が3日間くらい降った後、風のない晴天だったら『天空の鏡』に出会えるらしい。TVや雑誌で見るあの絶景は1週間とか2週間とか滞在して出会える、奇跡の風景なのかもしれません。
ベストシーズンは2月、3月らしいです。未だの方は是非この時期に!
b0208756_14145762.jpg
・・・つづく・・・

[PR]

by 23rue-soramame | 2017-01-14 23:55 | 南米の旅 | Comments(1)  

Commented by ranmaru at 2017-01-15 21:04 x
サボテンがチンアナゴみたいですぅ~(笑)
ビクーニャを検索してみたら山ほどボールペンの記事が!?
これに由来しているのでしょうか?不明。
そうとう貴重なものなんですね。
家畜化もされていないということは、落ち穂拾いのように抜けた毛を集めて作るのでしょうかしら?
そりゃ貴重なはずだ!

<< 南米の旅4日目(ペルー・クスコ) 南米の旅2日目(ボリビア・ウユニ) >>