8月の和菓子(2)

錦糸町駅前にある《山田家》のぽんぽん狸の人形焼き。
江戸に伝わる「本所七不思議」のひとつに、狸が出てくる「置いてけ堀」というお話があって、それが狸型の人形焼の由来なんだそうな。
b0208756_21391897.jpg
包装紙も七不思議の話が印刷されています。作家の宮部みゆきさんは、この包装紙に描かれる物語をヒントに「本所深川ふしぎ草紙」を書き上げたんですと!な~る。
b0208756_21394512.jpg

b0208756_17133101.jpg
今年の夏も暑かったので、ちょっとは涼しくなるかしらと宮部みゆきさんのちょっと怖い物語の読書三昧。「本所深川ふしぎ草紙」じゃなくて、『三島屋変調百物語』シリーズ。この夏3巻目が出たので昔読んだのも再読して一気に3冊読み、どっぷり江戸に浸かりました。怖かったけど人情味あふれていて、い~いお話です。是非!
b0208756_23591910.jpg
角川の文庫本を買ったらカバーをくれました。夏らしく藍染風朝顔柄をチョイスです。
b0208756_00005438.jpg

[PR]
by 23rue-soramame | 2016-08-30 23:55 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by ranmaru at 2016-08-31 15:53 x
狸の人形焼き、うつろな目がちょっと怖いです。
私がこの夏怖いのは、
まったく夏痩せしない!
それどころか…ゾォォォォ・・・(@_@;)
Commented by まめぴー at 2016-09-01 17:15 x
鳥肌ものですか?
<< 8月の和菓子(3) 8月の和菓子(1) >>