うましたのし奈良・京都(3)

たくさんあるのって好き。

春日大社の石灯籠と釣燈籠。
b0208756_1383511.jpg

b0208756_139994.jpg

約2000基の石灯籠と約1000基の釣燈籠があって、全てが様々な時代、身分に関係なくたくさんの人々によって寄進されたもの。直江兼続の寄進した釣灯籠もあるそうな。
b0208756_13101243.jpg

b0208756_13104386.jpg

8月14日と15日の二日間、燈籠に明かりを燈し、無病息災などを願う「中元万燈籠」が行われるそう。きっと幻想的でしょうね~。


伏見稲荷の千本鳥居。どこまで行っても鳥居、鳥居・・・。
b0208756_13112110.jpg

願い事が「通る」または「通った」御礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がったそうな。現在は約1万基の鳥居があるんだって!!!
鳥居の陰からキツネが顔を出しそう・・・。
b0208756_13114579.jpg



伏見稲荷の近くには老舗の伏見人形店。
b0208756_1324518.jpg

様々な人形がウインドウに並んでいました。
b0208756_13244532.jpg

b0208756_1325355.jpg

ねぇ、ちょっとこれ見て!
b0208756_13251975.jpg

こんな看板も発見!なんで鯖缶???鮭缶じゃダメなんですか?
b0208756_13264028.jpg

[PR]

by 23rue-soramame | 2013-01-17 13:30 | 社会科理科見学 | Comments(0)  

<< うましたのし奈良・京都(4) うましたのし奈良・京都(2) >>