『大エルミタージュ美術館展』で400年ひっとっ跳び

b0208756_12124079.jpg

東京六本木にある国立新美術館へ行く。
設計は黒川紀章氏、シンボルマークの〈新〉のデザインはアートディレクター佐藤可士和氏。
オサレです。

美術館の中はスターウォーズに出て来る基地みたい。
逆円錐形の上にはカフェやレストラン《ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ》!あり。(いつも入りたいと思うけど・・・また今度ね~)。
b0208756_1213096.jpg

 
ここは所蔵品を持たない美術館で、今は「セザンヌ展」と「エルミタージュ展」の二つの企画展を開催していおりました。
b0208756_12133961.jpg

迷ったんだけど本日はエルミタージュに軍配が上がりました。
ロシアにはなかなか行けないものね・・・。
16~20世紀の絵画が89点もあり、がっつり鑑賞させて頂きましたぜ。

b0208756_12135669.jpg

そして今回の『もしも作品』はマティス『少女とチューリップ』に決定!!
チューリップのベージュがかったピンクがいいな♪
『赤い部屋(赤のハーモニー)』も捨て難かったです。この作品最初は赤じゃなくて青(緑?)だったそうな。絵の縁にその面影が残っていました。赤の部分が青?赤と青、あなたはどちら派?

*『もしも作品』とは、もし「どれか一つ作品をあげましょう」と言われたら(絶対に言われないけど)、どれを貰うか・・・まめぴーが勝手に妄想して、ありがた~く頂戴する作品の事。
[PR]

by 23rue-soramame | 2012-05-30 23:55 | 社会科理科見学 | Comments(0)  

<< 緑と猫のお寺《豪徳寺》 イチジクチョコ >>